ロダリへようこそ

カンティーナ・ロダーリとは

世界遺産であり、文化とワイン造りの伝統の地、ランゲの中心に位置するカンティーナ・ロダーリは、長年にわたり、高級ワインの生産、改良、販売において重要な位置を占めてきました。

ワイナリー:

「最高のブドウでなければならない」とジョヴァンニ・ロダーリは1939年に語っています。

このワイナリーの歴史は、ランゲ丘陵地帯の存続をかけた闘いの一断面であり、農民の息子であったジョヴァンニ・ローダリが、当時小さな村で唯一だったトレイゾのトラットリアの客のためにワイン造りを始めた物語である。戦争が終わると、ジョヴァンニは家と大きなワインセラーを建て、トレイゾにつながるロダーリ家のルーツと希望を生み出したのです。

1955年、息子のロレンツォがアルバの醸造学校を卒業し、1958年、ロレンツォは妻のリタとともに、最初のクリュであるバルバレスコとバローロを生産しましたが、1982年、ロレンツォが死去。リタは息子ワルターが生まれたばかりでありましたが、品質と典型性に重点を置いたプロジェクトを続ける決意をしました。1998年にアルバの醸造学校を卒業したウォルターは、まだ若い後継者でありながら、すでにワインビジネスの世界に身を置き、新たな息吹を吹き込んでいいます。彼はブリッコ・アンブロージョとロッケ・デイ・セッテ・フラテッリの畑のテロワールを大切にし、改良し、セラーの設備を一新し、生産と醸造の技術を完成させました。

2005年、ピエモンテのロレンツォ、バローロ、バルバレスコのロレンツォのレゼルバがリリースされ、ブリッコ・アンブロージョとロッケ・デイ・セッテ・フラテッリの畑の最良のヴィンテージの厳選されたブドウから造られています。

ブドウ畑:

ランゲ、ロエロ、モンフェッラートのブドウ畑の景観は、ユネスコの世界遺産に認定されています。

この卓越した景観は、ブドウ畑の発展とイタリアの歴史の両面で象徴的な名前として知られるカステッロ・ディ・カヴールを擁する、5つの異なるワイン生産地域をカバーしています。ピエモンテ州南部、ポー川とリグーリア・アペニン山脈の間に位置し、ローマ時代から何世紀にもわたってこの地方を特徴付けてきた、ブドウ栽培とワイン醸造に関する技術的・経済的プロセスをすべて網羅しているのです。

バローロ、バルバレスコ、ネッビオーロ、モスカートなど、世界中に知られる偉大なワインの産地であるランゲのなだらかな丘陵地帯は、まるで貴重な宝石の中にはめ込まれた宝石のようで、小さな町トレイゾは、太陽の光にさらされた整然としたブドウ畑に囲まれています。

ワインについて(ワイン名&年代・品種・ワインの特徴・ 価格)

2022 ドルチェット ダルバD.O.C /2022 Dolcetto d’Alba D.O.C.
¥ 3,740税込(¥3,400税抜)
Coming soon
2022 バルベーラ ダルバ D.O.C /2022 Barbera d’Alba D.O.C.
¥ 4,180税込(¥3,800税抜)
Coming soon
2021 バルバレスコ D.O.C.G ロッシェ デイ 7 フラッテリ/2021 Barbaresco D.O.C.G. Rocche dei 7 fratelli
¥ 8,360税込(¥7,600税抜)
Coming soon
2020 バルベーラ ダルバ D.O.C ロレンス/2020 Barbera d’Alba D.O.C. Lorens
¥ 7,260 税込(¥6,600 税抜)
Coming soon
2020 バルバレスコ D.O.C.G ジャコン ロレンス/2020 Barbaresco DOCG 2020 Giacone Lorens
¥17,600 税込(¥16,000 税抜)
Coming soon