2022 フォンテ ソアヴェ・クラシコDOC / 2022 FONTE Soave Classico DOC 
¥ (¥税込)
品種:ガルガネーガ100%
アルコール度数:12.5%
輝きのある麦わらイエロー。
カモミールや野の花のフローラルな香りが、エルダーフラワーやライムのバルサミックな香りへと変化する。
口当たりはドライで、酸味とソフトな部分のバランスが素晴らしく、ミネラル感がある。かなりのサッパリ感が余韻を長く持続させる。
若いうちに飲むのも良いが、2~3年の瓶熟成を経て、その完全な表現が現れる。
フードペアリング:アペリティフとして、魚の前菜、野菜や鶏肉、仔牛肉、豚肉の料理と相性が良い。
2021 オルトレ ビアンコ・ヴェロネーゼIGT / 2021 OLTRE Bianco Veronese IGT
¥ (¥税込)
品種:マンゾーニ・ビアンコ50%、トレッビアネッラ・ディ・ソアーヴェ50%
アルコール度数:13%
輝きがある濃い黄金色
バナナ、マンゴー、杉の複雑な力強い香り。数分後、甘い樹脂の香りが素晴らしい。
味わいは、包み込まれるようなソフトでフレッシュなノートが調和している。コクがあり、持続性に優れ、後味は心地よくドライ。
すぐに楽しめるが、熟成させるとサフランとリコリス(甘草)の深い香りが現れる。
フードペアリング:リゾットや鶏肉、仔牛肉、豚肉のメインディッシュなどと相性が良い。
2020 ヴェレーソ ソアヴェ・スペリオーレ・クラシコ・レゼルヴァ DOCG
/ 2020 VERSO Soave Superiore Classico Riserva DOCG/
¥ (¥税込)
品種:ガルガネーガ100%
アルコール度数:13%
黄金色に輝く麦わらイエロー。
澱の上での長期熟成により、非常に複雑なワイン、軽石、火打石、わずかにスパイシーでフルーティーな香り。
味わいは、長い澱の上での熟成のため、非常に複雑なワイン。心地よいフレッシュさと余韻が長く続く。
この品種の典型的なポテンシャルを表現するために、瓶熟成後が望ましい。
フードペアリング:魚料理のコースやスープ、特に貝類のメインディッシュに最適。
2018 テッラ ヴァルポリチェッラ スペリオーレDOC / 2018 TERRA Valpolicella Superiore DOC
¥ (¥税込)
品種:コルヴィノナ40%、コルヴィ-ナ40%、ロンディネッラ20%
アルコール度数:13.5%
輝きのあるガーネットがかったルビー色。
香りには、蒸留酒に漬けた赤い果実、特にワイルドチェリーとサワーチェリーの強烈なノートが際立つ。フルーティーなノートは、木樽でバランスよく洗練された心地よいバニラのノートを伴うブラックチェリーやブラックベリーの熟した黒い果実の香りに、バニラとスパイスのニュアンスが感じられる。
爽快な味わいのバランスと心地よいフレッシュさがフルーティーさを引き立てる。この感覚は、程よい硬さを伴い、ワインを心地よく、複雑で、典型的な、長くドライな後味にしている。
適切なセラーで保管すれば、心地よい驚きを与えてくれるかもしれない。
フードペアリング:ジビエ、赤身肉、ハードチーズ。
2017 パッソ・レチョート・ディ・ソアヴェ・クラシコ DOCG / 2017 PASSO Recioto di Soave Classico DOCG/
¥ (¥税込)
品種:ガルガネーガ100%
アルコール度数:14.5%
琥珀がかったゴールデンイエロー。
香りは、エレガント。サフランとターメリックの香りがハチミツに変化。
しっかりと包み込むような味わい。アルコールと糖分のまろやかなノートは、この地域特有の酸味と香ばしさのバランスが取れている。
若いうちから楽しめるが、4~5年熟成させると、レチョート・ワインの典型的な複雑さが現れる。
フードペアリング:クリームやペストリー、ソフトチーズやフォアグラとも相性が良い。
2022 エヴァソ ビアンコ IGT/ 2022 Evaso Bianco IGT
¥ (¥税込)
品種:ガルガネーガ、マンゾーニ・ビアンコ、トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ
アルコール度数:11.5%
輝きのある淡黄色。
フレッシュでフルーティー、トロピカルな香りと白い花。
フレッシュで軽やか。
若いうちから楽しめる。
CANOSO(カノーゾ)
ワイナリー